Sponsored Link

Top トールペイント体験 ;>ウエルカムボード作り

2007年10月02日

ウエルカムボード作り

ホームセンターでのトールペイント体験講座で、小学生の娘がウエルカムボードを手作り、ハンドペインティングしました。私は木製コースターにトールペインティングしたのですが、娘は他のおば様たちと一緒に、玄関や部屋に貼る「WELCOME」とかいてあるボード作りをしました。

楕円形の木の真ん中に「WELCOME」などのローマ字が入るので、その周りに花や草花を手描きするのです。


まずは、楕円形の上の中央と下の左右に緑色をぬりました。ちぎって小さくしたスポンジで、ポンポンとたたいて、ベタ塗りではなく、草や葉っぱのイメージで荒く緑色をつけました。

その上に、好きな色で花を描いていきます。


おば様たちはベージュに近いピンクで、丸を描いてから、赤や白を重ねぬりして、バラに花を描きました。
娘は水色がいいといったので、どんな花になるのかな〜と思って見ていました。

やがて、水色の上に白や薄い紫を重ねぬりすると、とっても美しいブルーのバラ!!

おば様たちのピンクや赤いバラとはまた一味違う、優しいブルーローズが出来上がりました。


さらにバラ意外に、白いカスミソウや黄色い小さな花、緑で葉っぱや茎を描き、どんどん華やかになっていきました。

娘はボードの中央にはウエルカムではなく、自分の名前をローマ字で描きました。


ハッキリした色ではなく、薄いパッとしない色のベージュピンクで名前を描きました。

でも、先生がボードの周りを紫でぬるように言うと、優しい色のローマ字の薄い印象がくっきりと目だって、とってもしゃれたルームボードになりました!


まさに、色のマジックだなあ!


先生が、ぬりまちがえても重ねぬりできるし、はみ出ても水を多めにした筆で色をぼかすこともできるから大丈夫、大丈夫といいましたが、娘が失敗した緑の葉っぱ部分も同じように左右対称な場所にまちがえた葉っぱと同じようなデザインを描いて目立たなくしてくれました。

線からはみ出ちゃったところは、水をふくませた筆で色をぼかしてくれましたが、その暈しが入るとまたゴージャスな華やかさが漂って、楽しくなりました。


娘のボードは、小学生が書いたとは思えないような仕上がりになり(笑)、プロに教えてもらいながらハンドメイド、ハンドクラフトするのって、楽しいし出来栄えもいいな〜と思いました(爆)。

posted by トールペイント通販&体験 at 09:55 | トールペイント体験

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。